笑顔の男性2人

うつ病の種類

うつ病の種類について

うつ病や躁病と言った気分障害には細かく種類かあります。軽度うつ病院、中程度、重症、その他、詳細不明のうつ病と言った種類に分類されます。その他のうつ病には気づかれにくい、仮面うつ病、非定型うつ、退行期うつと言った種類があり、仮面うつは頭痛、からだの痛みしびれ、めまいと言った体を中心とした症状が現れます。仮面とは体に隠れたという意味を示し、顔がどうこうという話ではありません。非定型うつは楽しいことなどがあると一時的に気分が良くなるタイプです。20-30代の若者に多いと言われます。退行期うつは老年期にさしかかるころに社会的立場や環境の変化が原因となって発症するタイプのうつです。年代的に初老期うつとも呼ばれます。更年期うつもあります。

押さえておくポイント

うつ病はちょっとしたことで発症することもある現代病とも呼ばれる病気の一つです。引っ越しを期に調子を悪くしたという話もあるようです。大震災によって仮設住宅暮らしをしている人たちも、うつ病を始めとした精神病と呼ばれる病気に罹患してしまうこともあるようです。気分が不安定になったりします。うつ病の罹患者数は2007年時点で100万人を越えると言われているので、2015年だともっと多く増えていることになります。身近な人にうつ病などの精神病を抱えた人が多く存在していても決しておかしくはありませんし、種類も多くあるので、自分が知らぬ間に罹患してしまうということもありますので簡易チェックサイトでチェックしてみることも必要かもしれません。