笑顔の男性2人

現代はストレス社会

ストレス社会だからこそ

現在、私たちを取り巻く環境は非常に厳しい時代になってきています。 ワーキングプアや介護、消費税増税に医療の問題、実に頭が痛いことばかりです。 近年では、ストレス社会とも言われ、日々の積み重なったストレスで体調をくずしてしまう人も少なくないのです。 その代表とも言われる病気が、うつ病です。 近頃では、テレビや雑誌などでも取り上げられることが多くなり、うつ病の名前を聞く機会も増えましたが、症状や種類などの詳しいことを知っている人は、まだまだ少ないのが現状です。 そして、今後はますます、ストレスのよって体の不調を訴える人が多くなると予測されます。 そうした中で、うつ病に対する知識と対応の仕方を多くの人が知っておくことで、偏見や差別をなくすことができるのです。

うつ病についてもっと知ろう

一言にうつ病といっても、実にさまざまな種類があります。 代表的なのが、抑うつ状態が続く大うつ病と呼ばれるものや、抑うつ状態と躁状態を繰り返す双極性障害、抑うつ状態が長い時間続く、気分変調症が挙げられます。 また、このほかに正式な分類名ではなく、通称のようなもので、仮面うつ病や微笑みうつ病、季節性うつ病などの種類も存在します。 どれも、人によって個人差が大きく、一般的な症状の食欲不振や不眠、集中力の低下や無気力、自殺願望がある、など人によって、いくつか症状も種類があり、表れ方やおもさなどもさまざまです。 こうしたうつ病の原因とされているのもは、ストレスと慢性的な疲労です。 日本人は、特に民族的に他の国とも比べても、頑張りすぎてしまう傾向があるので、知らないうちにムリをして、体と心に負担をかけてしまいがちなのです。

勘違いで余計な診察費用がかかる

仮面うつ病という種類のうつ病は気分障害では無いめまいや痛みなどの症状の法がインパクトが強く、症状を自覚しても心療内科ではなく外科や内科など精神では無く肉体の異常を治す診療科に診察してもらうことが多くなります。 もちろん、体を診察して精神疾患であるうつ病を診断できるものではありません。 特殊な種類のうつ病とはいえ、精神疾患を通常の診療科で診察してもらうのは診察費用の無駄とも言えます。 元々日本では精神的な諸症状は肉体的な諸症状よりも重要視されることは少なく、自覚できる症状は肉体的なものが優先されるのです。 しかし、多々でさえ鬱で働けなくなるうつ病を診察してもらうのですから、余計な出費をしないためにも、うつ病には痛みやしびれ、めまいなどの肉体的な症状を引き起す可能性が種類のものがあるということを憶えておきましょう。